摂取量
摂取量使用感匂い種類ハチミツ
******

女王蜂とローヤルゼリー

一つの巣のミツバチ社会では、2~3万匹もいるメス達である働きバチとたった一匹の女王蜂そして数千匹のオス達で構成されています。
働きバチは同じメスになる卵から生まれながら、卵巣が発達せず、女王蜂しか卵を産む事ができません。
オスは無性卵で メスの卵はすべて有性卵です。
必要に応じてこの2種類の卵を産み分けられています。

有性卵の段階では全く同じであるにもかかわらず王台という特別な部屋である巣房に生みつけられた卵だけが、不思議な事に孵化した後 女王蜂候補としてローヤルゼリーを生涯にわたって与えられ食べ続けていけるのです。
他の働き蜂は孵化して3日目からは、その栄養価より低いワーカーゼリーと呼ばれるものを食べ、次の日からは花粉や蜂蜜を食べはじめていきます。
働き蜂は、採取してきた花の蜜や花粉を体内で分解してローヤルゼリーを作りローヤルゼリーを溜めていきます。

一方、オスは巣の中で蜜を集めてきたり等、食料に関係する仕事は一切行いません。
子孫を残す為にひたすら食事をして英気を養い、寿命が数か月しかないので交尾をするシーズンには、過酷で激しい競争の中で戦い抜きます。
勝ち残ったオスだけの卵として 後世に残すべく力を出し尽くします。
それによって役割を終えた直後にはその生涯を閉じてしまいます。

MENU

Copyright(C)元気を身体に摂り入れる事が出来る成分