ローヤルゼリーに配合されているビタミン
摂取量
摂取量使用感匂い種類ハチミツ
******

ローヤルゼリーに配合されているビタミン

ローヤルゼリーのビタミンは、体内では生成できないので積極的に補う必要があります。
皮膚に関係する作用が多く、ローヤルゼリーは美容にとっても必要不可欠な成分です。
その他にも様々な健康を維持の働きをローヤルゼリーはしてくれます。
抗酸化作用の高いビタミンCは、活性酸素による老化や病気の原因を防いでくれます。

ビタミンB群は、体力の向上促進に加え、ニキビや吹き出物の要因である皮脂分泌の抑制の働きがあります。
要するに脂質をエネルギーへと変換しやすくしてくれるのです。
この様に体調を整えたり、代謝をうまくコントロールしていくので疲労を効果的に回復させます。
それによって体の機能は、正常に保ち維持していけるのです。

特にビタミンB群の不足により様々な病気や障害が起きてしまうことがあります。
疲労回復に優れたビタミンB1(チアミン)は、たんぱく質や糖質、脂質の栄養素を代謝させ、エネルギーに変換させます。
逆に不足すると、全身の倦怠感、食欲不振、足のむくみやしびれなど脚気(かっけ)の症状が出る事があります。

ビタミンB2もエネルギーを生み出すために一役買って出る傍ら、お肌である皮膚や髪、爪の再生に関わる栄養素として脂質の代謝も調整しながら促進します。
これも不足すれば、口内炎等の症状や、それらの炎症が治りにくくなります。
ビタミンB6は、有害な過酸化脂質を分解する働きがあり、不足すると、皮膚炎・貧血の症状として現れる事もあります。

ビタミンB12は、神経細胞の中にたんぱく質や核質を合成させる働きによって修復しその代謝を促します。不足すれば、不平や不満、焦り、イライラが募ったりと不眠などの症状へと進展していまいます。
その他にも、ナイアシンは、循環系や神経系の動きを助けます。
パントテン酸の効果は、エネルギーの代謝を上げ、ストレスの改善へ飛躍的に繋げていく事で有名です。

葉酸は、神経管閉鎖障害を予防する働きで、妊娠中の女性に摂取が勧められてもおかしくはありません。
ビオチン(B7)は、毛細管を太くして血流を上げ健康な艶のある肌と髪の発育を促し白髪対策、そして皮膚炎の改善に役立ちます。
更に不思議な事に、同じく含まれているタンパク質のアビジン(塩基性糖)は特異的で親和関係的に強力結合するので血糖値をも低下させます。

ビタミンの一種であるアセチルコリンは、それによってイライラしたり情緒不安定などの精神的症状としての動悸やめまいなど血圧にも影響を及ぼしかねない大きな要因のストレスを軽減させます。神経系に働き掛け抑制していくのです。
イノシトールは、またアセチルコリンと同時摂取によって細胞の組織へ全面的に働きかけ肥満の予防脳から筋肉への指令伝達が活発にとなります。
これらに様に、お肌にはもちろん身体の動きにも若返り効果が蘇ってくる副産物となります。
また、気になるローヤルゼリーのカロリーについても参考にご覧ください。


MENU

Copyright(C)元気を身体に摂り入れる事が出来る成分